girl wearing pink underwear
white bra big breasts

イマドキ

大阪のミナミにある昼キャバでお昼下がりにまったりお酒を飲むのもいいですよ!

私はキャバクラが大好きな、とあるアラフォー男性です。
キャバクラが好きで、好きで好きで好きで好きで・・・。キャバクラに通いつめて早10年。惚れ込んだ女性は2人だけ。全盛期の頃よりも、キャバクラ遊びは減りましたが、近頃はガールズバーもできたのでもう少しその道を極めてみようかと思っています。

キャバクラが好きな理由は、一言では言えませんね。例えて言うなら、胸元がガッツリ開いたキャバドレスから、おっぱいの谷間が見えているとかなりテンションが上がります。名刺交換もそこそこに、すでに目はキャバドレスの胸元に固定されています。
キャバクラではおさわりNGですが、逆に言うとおっぱいを間近で直視していても怒られません。心の中では「エロオヤジ」と思われているかもしれませんが、見てるだけだから問題ないですよね。別に狙っているわけではないのですが、私が指名しているキャバ嬢は、不思議と巨乳ちゃんばっかりですね。

キャバドレスも捨てがたいですが、たまにはもう少しフランクな感じで飲みたい時もありますよね?そういう時には、ガールズバーがいいのです。・・・と言っても、実は私もまだガールズバーにはあまり詳しくないのですが。
キャバドレス好きの方には残念なお知らせですが、ガールズバーにはキャバドレスはありません。キャバドレスを着てる女性が、カウンターで接客してくれるなら、もうキャバクラでいいじゃん!キャバクラにしちゃいなよ!という感じですからね・・・。

では、ガールズバーのいったい何が面白いのか?それは私も現在研究中の身です。ただ、なんとな〜くですが、キャバ嬢よりも褒め言葉に弱い女性が多い気がしますね。露出度は若干控えめですが、スナックよりもイマドキな女の子が多い気がします。

sexy girl model posture on chair

ここで少し趣向を変えて、キャバクラではなくガールズバーのお話をしてみようと思います。
私はアラフォーになるまで、キャバクラで飲み続けていました。ガールズバーができたのは、だいぶ後になってからだったと思います。

会社の後輩が「ガールズバーに行って来た」と目を光らせながら言うので、なんか悔しくなって、一人で突撃してみることにしました。後輩から教えてもらった店に行くと、おー、いたいた・・・。たしかに、若い子が続々と働いています。初めて行ったのは私服の店でした。キャバ嬢と比べると、メイクのせいなのか、とても幼く見えますね。多分相手からも、お父さんとしか思われていないのでは・・・という恐怖心がありました。

私は「あげぽよ~」という言葉を生で聞いたことがなかったのですが、ガールズバーで初めての「生あげぽよ」を聞くこととなります。ただ、正確な意味があまりわかっていないので、女性から何か言われるたびに、「うんうん、そうだね。それってあげぽよだね」とか、「今の会社は・・・あげぽよって感じかな」みたいな感じで答えていました。あの使い方が正しかったのかどうかは、未だにわかりません。

それからは、だんだん店も混んで来たので、今度はもう少し遅い時間に来てもいいなと思いました。ドリンクを飲ませてあげると、かなり飲むので、手持ちが少ない時はキツイお酒ならOKという風にかる~く釘をさしておくといいかもしれません。ただ、若い女の子がコロコロと笑う姿を見るのは楽しいですね。

pajamas sexy girl

ここからは、私が選ぶ、キャバ嬢に着てほしいキャバドレスについてランキング形式で発表していこうと思います!!
・・・え?誰も興味ないって??自己満足ではありますが、キャバクラに10年間通い続けてきた私から見て、「グッ」とくるキャバドレスをまとめてご紹介していきたいと思います!

まずは第三位から発表していきます。アラフォー男子が選ぶ、キャバ嬢に着てほしいキャバドレスランキングの第3位は・・・!!
「キャバスーツ」です!!って、いきなりドレスじゃないのかよ・・・と思った方もいるかもしれません。でも、本当にキャバスーツはいいと思います。うちの会社は私服勤務なので、女性の私服にはある意味で見慣れてしまっているんですよねー。だから、イメクラみたいな感じで、OL風のスーツを着ている女性とお酒を飲めると至福です。価格は13000円~と高いようですが、スーツを買うなら丈は絶対にミニでお願いします。

続いて、アラフォー男子が選ぶ、キャバ嬢に着てほしいキャバドレスランキングの第2位は・・・!!
「マーメイドラインのドレス」です!!マーメイドラインというのは、要はアレですね。ロングドレスで、膝くらいまでピタッとフィットしてるのですが、そこから人魚のようにスソが広がっていくラインのドレスです。私としては豊満な体型の女性にこそ着てもらいたい一着となっています。

そして、栄えある堂々の第1位は、「スリット入りのロングドレス」です。あえて理由は申しますまい。以上となっています。

red sexy model fashion

キャバクラでは、キャバドレスが着られています。そういえば、だいぶ昔に、オキニのキャバ嬢の誕生日にキャバドレスを買ってあげたこともあったっけなぁ・・・(遠い目)
その時は、オキニのキャバ嬢が黒のミディアムワンピースを選びました。そのキャバ嬢は、年齢がまだ若く、髪色は金髪に近かったですが、性格は控えめでおとなしい子でした。なんとかして喜ばせたいと思い、誕生日に何が欲しいか聞いたところ、「・・・新しいドレス」という答えが返ってきました。(※ちなみに、キャバドレスは1着でだいたい5000円~です)
買うたるわ!おっちゃん、なんぼでもキャバドレス買うたるわ!!・・・と思ってしまいましたね。なんて奥ゆかしい子なんだ・・・と思っていましたが、もし今キャバ嬢に同じことを言われたとしたら、谷間前回の派手派手なキャバドレスを買うと思います。

ベテランのキャバ嬢に誕生日に欲しい物なんか聞いたら大変ですよ。「何もいらないよ。アラフォー男子君が、隣にいてくれるだけでいいの(はぁと)」と言ってきます。そんなセリフを聞いたら、よーし、男として一肌脱ごう!という気持ちになります。そして店に行き、なんやかんやでドン・ペリニヨンをおろされるのです。ドン・ペリニヨンの味は覚えていませんが、アイスペールに刺さっていた花火の美しさだけはよく覚えていますね・・・。

でも、キャバ嬢は誕生日に行ってあげると、とても喜びますよ。前日や後日よりも、やっぱり「当日」がいいそうです。